etcカード審査なしで作れるかというと、答えは作れます。

しかし、一般的なETCカードを作ることはできません。

皆さんパーソナルカードというカードはご存知でしょうか。

これは、高速道路の6会社が共同で発行しているETCカードで、このカードは、クレジット会社が審査するのではなく、この6会社が審査するものなのですが、このカードを作るにはいくつかの条件があります。

それは、まず預託金として数万円預ける必要があります。

高速道路6会社としては、預託金があるので、最悪支払いが出来なくても、預託金から回収できるため、実質審査がないといっても良いでしょう。

もしクレジットカードを作りたくないという方には良いかもしれません。

また他には、法人ETCカードであれば審査がありません。

これは法人もしくは個人事業者向けのETCカードです。

このカードは審査がない代わりに、商業登記謄本の提出が必要となります。

以上の2つであれば、ETCカードを作るにあたっての審査はありません。




etcカード 割引について

etcカードを使っての割引は色々あります。

まず1つは、休日割引きです。

土日祝日に高速道路をご利用の際は、通行料金が50%安くなります。

2つめは、平日昼間割引きです。

平日の午前6時から午後の8時までの間、通行料金が30%安くなります。

3つめは深夜割引きです。

深夜の時間帯でのご利用で、30%から50%安くなります。

4つめは、通勤割引きです。

朝6時から9時までの間、もしくは、午後5時から8時までの間で、総距離が100km以内ですと、半額になるサービスです。

その他に、早朝夜間割引きサービスや、ETCマイレージサービスなどがあります。

このようにETCカードによる割引きサービスは、最低でも30%も安くなるのです。

もし仮に10000万円の通行料金が掛かってしまう場合は、7000円以下で済んでしまうのです。

こんなにお得になるのであれば、ぜひ利用しないわけにはいきません。

まだ持っていない方はぜひご登録下さい。

持っていて損はありませんと言いますか、得しかありません。

etcカード人気について

etcカードで人気が高いのは、ガソリン系のカードが一番人気が高いです。

ご存知だと思いますが、そもそもetcカードとは、高速道路での料金所の通過を円滑すると同時に、高速道路の利用料金が安くなるカードです。

ということは、当然車を多く乗る方にとって年利な機能です。

ということは、必然的にガソリンを多く使います。

そのガソリン代が安くなるカードが、人気が高いということになってきます。

今の日本は車社会ですので、首都圏の方以外は、車がないと困ります。

ガソリンは日常的に買う必要がありますので、そのガソリン代が安くなるのであれば欲しくなります。

ですので、ガソリン系のETCカードは人気が高いのです。

エネオスカードや出光カードなどが有名です。

また、その他の人気の高い条件としては、ポイント還元率などもあります。

色々なサービスを受けることができる会社がたくさんあります。

自分に合ったベストなサービスを受けられるカードを選びましょう。

出光etcカードについて

出光etcカードは、年会費が永久的に無料のカードです。

個人向けと法人向けの2種類あります。

出光etcカードは、etc専用のカードとなるため、出光SSでのガソリン代や、お食事、買い物での利用はできません。

しかし、出光etcカードのみの発行は出来ないため、出光カードまいどプラスとの併用となります。

この出光カードまいどプラスでは、先ほど挙げた出光SSでの給油の際の利用や割引き、その他ショッピング等にも活用できます。

出光カードをお持ちでない方の発行は、お申込みから最短で1週間で出光etcカードが届きます。

その後に、出光カードまいどプラスが届きます。

2枚は別に届く仕組みとなっています。

また、出光カードを利用すると、1000円ごとに5ポイント貯まります。

この貯まったポイント数に応じて、お好きなアイテムと交換できるといったサービスもあります。

車を多く活用される方にはありがたいカードです。

ぜひご利用してみてください。

jcb etcカードについて

jcbのetcカードとは、正式にはetcスルーカードといいます。

etcスルーカードは、普通のJCBカードと合わせて持つetc専用のカードです。

このjcbのetcカードの作り方ですが、お急ぎの場合は、MYJCBからの申込みが一番早いです。

約5日間でカードを発送します。

MYJCBに登録していない方は、簡単に登録できますのでお試し下さい。

また、JCBカードをお持ちでない方は、JCBカードの入会が必要となります。

こちらは、入会申込み書を発送後、約2週間程度での発送となります。

ただし、JCBカードへの入会は、クレジットの審査となりますので、書類に日々があったりした場合は、審査が通らない可能性がありますのでご注意下さい。

jcbのetcカードは年会費は無料です。

JCBカードは、日本で唯一ある国際ブランドです。

日本でも外国でも使え、きめ細かいサービスがあります。

世界のお店約1340万件あり、とく海外に行く方にとっては、必要不可欠なカードです。

etcカードのレンタルは出来る訳がないと思っていたのですが、実はetcカードをレンタルできるところがあるのです。

それは、ニッポンレンタカーです。

2009年から始めたサービスで、北海道、九州地区限定でのサービスです。

1週間のレンタルで315円、8日以降の料金で1050円となります。

このぐらいの金額でレンタルできるのであれば、レンタルしたほうが断然お得です。

1回の利用でもとは取れます。

北海道、もしくは九州地区で車を利用する方にはおすすめです。

etcカードのレンタル料金の支払いは、各営業所でご利用明細が出ますので、その場で現金でお支払いいただくか、カードでお支払いいただく形になります。

ご利用する際は、営業所へ直接電話するか、予約センターへの電話予約となります。

インターネットからの予約は受付いませんので、ご注意下さい。

本州でもこのサービスが始まれば普及していくと感じます。

現に九州地区では、年々利用者が増えていますので、ぜひ活用してみて下さい。

etcコーポレートカードとは、頻繁に高速道路を利用する場合に大きく利点があるカードです。

頻繁に高速道路を利用する場合と書きましたが、擬態的には1ヶ月での利用料金が、30000円以上ある場合に20%の割引きが適用されます。

この割引きは、朝割りや深夜割りとの併用ができるため、非常にお得なカードです。

ただし、高速道路の利用料金が30000万円未満だと割引きがされませんので、ご注意下さい。

カード発行の手数料ですが、初めて作るときは、カード発行代が1枚あたり600円かかります。

高速道路のお支払いは、後払いとなります。

etcコーポレートカードを申込みの際は以下の書類が必要となります。

・申込書 ・事業証明書 ・預金口座振替え依頼書 ・車検証のコピー が必要です。

もし会社で高速道路の利用が多い場合は、etcコーポレートカードを利用することをおすすめします。

最初の必要経費は若干掛かりますが、圧倒的にぷらすとなりますので、一度考えてみてください。



ETC/JCBカードのお申し込みはコチラ



JCBEITのお申し込みはコチラ



VIASOカードのお申し込みはコチラ

法人etcカードについて

法人etcカードとは、法人や個人事業主限定のetcカードのことです。

このカードの特徴としては、クレジット審査がありません。

その代わりに申込みの際に法人の場合は、商業登記謄本が必要と個人事業者の場合は、所得税確定申告書が必要となります。

会社にとっては、従業員にお金を渡す必要もありませんので、経費の面でも非常に便利です。

もちろんetcカードですので、高速道路の料金が割引きされます。

法人etcカードは、どの車に乗っても適用されます。

たとえレンタカーで使用しても問題ありません。

ただし、一般的なetcカードと違って申し込みの際に経費が若干掛かります。

まず出資金の10000円と、カードを作る際の手数料が1枚につき525円。

さらに取り扱い手数料が、カード1枚につき年1回525円掛かります。

ただし、普通に高速道路を使用するよりも圧倒的に安くなりますし、会社での手間を考えたら、法人etcカードを作るほうが断然お得で効率です。

オートバックスのetcカードについてご紹介します。

以前ですと、オートバックスカードいう名前のクレジットカードがありましたが、今は変わって、オートバックスグループザカードと言います。

名前は変わりましたが、基本的には変わりません。

オートバックスのetcカードの特典としては、オートバックスでの買い物が3%引きで利用できます。

オートバックスをよくご利用する方にとっては断然お得です。

他には、ロードサービスが付いている点や、年間10万円以上のお買い物で年会費無料となるなどの特典があります。

また、オートバックスのホームページで目を引いたのが、オートバックスetcカードの即時発行サービスという広告です。

即日発行というところはありますが、即時発行できるというのはすごいです。

どういうことかというと、現在クレジットカードを持っている方限定となってしまいますが、ATMみたいな機械にお手持ちのクレジットカードを挿入すると、そのカードにetcカード機能を付けてくれるというサービスです。

これは画期的なサービスです。

即作りたいという方は、ぜひオートバックスetcカードをお作り下さい。

etcカードの作り方ですが、etcカードを持つためには、ほぼクレジットカードを作らないといけません。

クレジットカードを持っている人は、そのクレジットカードに付帯させることができます。

どうしてもクレジットカードは持ちたくないという方もいると思います。

そんな方には、パーソナルカードというetcカードが存在します。

このカードは、クレジットカードではなく高速道路の6社が、共同で発行するetcカードのことを言います。

しかしこのカードの評判はあまり良くありません。

パーソナルカードは、年会費が掛かるのと、事前に預託金として数万円程度必要になったりします。

さらに、カードを持つことによるサービスが一切ないので、あまりおすすめはできません。

etcカードの作り方ですが、etcカードを作ることをメインとして考えるのであれば、etc利用に関する特典が多くあるクレジット会社を選ぶのが良いでしょう。

申込みクレジット会社が決まりましたら、その会社へ申し込んで、審査を受ければ作れます。

etcカードは持っていても損はなく、ご自身にとってプラスとなりますので、持っていない方はぜひお作り下さい。
ちなみにもし審査甘いカードローンをお探しならば是非こちらのサイトをご覧ください。


etcカード2枚を使った裏技をご紹介します。

皆さんetc通勤割引きサービスというのがあるのをご存知でしょうか。

これは、朝の6時から9時もしくは、17時から20時の時間に、入り口か出口の料金所を通ると、通行料金が50%になるといったサービスです。

ただしこのサービスには制限があります。

総距離が100km以内ということと、朝と夕の時間帯で1回しか使用できない制限があります。

総距離が100kmを超える場合には、超えた分が50%になりません。

ここで、etcカード2枚が必要となってきます。

ここまで話せばもうお気付きの方もいるでしょう。

総距離が100km手前で一旦高速道路を降りましょう。

そしてすぐUターンして高速に乗りましょう。

ここで、もう1枚のetcカードの出番です。

最初使用したカードと違うカードを使用すれば、高速料金の50%で利用が出来てしまうのです。

高速道路で長距離走る方は、ぜひetcカードを2枚持つことをおすすめします。

ただしこの通勤割引きは、車両1台での適用となっています。

それはetc車載器の番号で分かります。

この番号をチェックされる無効となってしまいますが、実際に2枚使って取り消されたという事例はありませんので、ぜひ活用してみて下さい。

etcカード 即日発行

etcカードを申し込んでから、カードが届くまでの期間は、申し込んだクレジット会社によって違ってきます。

また、もともとのクレジットカードにetcカードを付ける場合と、新規でetcカードを作成する場合でも、大きく変わってきます。

クレジット一体型を希望の方で、もともと持っているクレジットにetcカードを付ける場合ですと、当日のお申込みで翌日発送してくれる会社もあります。

だいたい遅くても2~3日ぐらいで届くことが多いです。

また、新規でのetcカードのお申込みですと、多少時間が掛かってしまう事があります。

あくまでクレジットとなりますので、カードを作るには審査が必要となってきます。

これは、クレジット審査ですので、必要書類を提出後1~2週間掛かる場合もあります。

もちろん審査が通らなければ、カードの作成はできません。

ただ、クレジットを持っている方がetcカードを作る場合ですと、即日発行できる会社もあります。

どうしても即日発行を希望という方は、申込みを朝早い時間からするのが良いです。

etcカード 無料について

etcカードを作るのには、まず無料なのか有料なのかを考えましょう。

無料であればそんなに躊躇する必要もありませんが、有料の場合はなぜ有料なのかを考えましょう。

etcカードを作るにあたっての金額が、適正なのか、お得なのかを考えましょう。

また、etcカードを作ったからといって終わりではありません。

高速道路での支払いに使用するのであれば、車載器も必要となってきます。

この車載器もただではありません。

安くても5000円ぐらいは考えておいた方が良いでしょう。

それにプラスしてセットアップや工賃も掛かってきます。

全部を考えると最低でも1万円は必要です。

ディーラーなどで車を購入時に無料で付けてくれる場合もありますが、基本は自分で購入です。

ただし、普段から高速道路を乗る方であれば、etcカードを使用することで、すぐにもとは取れます。

まったく高速道路を乗らない人は必要ありませんが。

選ぶポイントとしては、有料か無料かを調べ、その他のサービス等はどういったのがあるのかを確認してから選びましょう。

etcカードですが、今は昔に比べだいぶ普及してきましたが、言葉は知っているがどういったものか把握していない方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなetcカードを紹介させていただきます。

まずetcカードとは、高速道路での料金支払いに欠かせないカードです。

カードを使用せずの料金だとカードを使用した場合の料金よりも多くなります。

車をよく活用する方には必須アイテムとなります。

高速道路を日々使う機会が多い方へは、出光マイドプラスをおすすめします。

高速道路の料金はもちろん安くなりますが、多く高速道路を乗るということは、その分多くガソリンも使います。

全国の出光石油SSでの給油の際に、通常の値段からさらに割り引きした金額で、給油を行うことができます。

車を多く使用する方にはおすすめです。

また、オリコUPtvIDのカードもおすすめです。

etcカードとしての機能以外に、今流行のかざすだけで買い物できる機能を搭載。

コンビニでの買い物や電車などでも使用できるため、非常に便利です。

逆に、簡単に色々使えてしまうのが怖いといった声もありますが、状況に応じてしっかりと使えば、最強のカードです。

etcカードは、持っていて何も損はありません。

まだお持ちでない方は、ぜひお作りすることをおすすめします。

イオンetcカードについて

イオンetcカードとは、イオンクレジット会社が提供するカードです。

イオンetc専用カード、さらに一体型のイオンクレジットカードともに年会費は永久に無料となっています。

etc専用カードであれば、午後3時までにお申込みをすれば、最短で翌日発送が可能です。

また、イオンクレジットのetcカードですと、お申込みの書類を発送後、14日程度での発送となります。

また、カードのお申込みの際には審査がありますので、審査が通れば、上記の期間で届く計算となります。

お申込み方法は、インターネットのホームページより申込み事が可能です。

また、お申込み方法や、申込み内容で不明な点などあった場合は、各お問い合わせ先に電話で聞きましょう。

お問合せ先の営業時間は、朝9時から夜の9時までで年中無休となっています。

イオンetcカードは、高速道路での使用だけではなく、イオンでのお買い物での割り引きを受けることができます。

イオンといえば、ジャスコなどのイオングループがありますので、非常に便利なカードとなっています。

etcカード 比較について

etcカードを作ろうと考えているが、どれにしようか迷っている方に、各etcカードの比較のポイントについてご説明します。

まず比較するポイントとしては、年会費で選ぶか、キャンペーンで選ぶか、クレジット機能で選ぶかなど、ご本人の使用用途に応じて変わってきます。

etcカードとしてしか使用しないのであれば、お金の掛からない年会費無料のカードを作るのが良いです。

よく仕事や旅行で飛行機を利用するのであれば、マイレージカードを作るのが良いでしょう。

今では、クレジットカードを作っただけでキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っている会社もあります。

このように、etcカードを作るにしてもたくさんの比較するポイントがあります。

上記で挙げた以外にも、女性用クレジットカードや、学生専用クレジットカードなどもあります。

一番自分にとって良いクレジットカードはどれかを考えたうえで、お申込みしましょう。

きっと自分に合った良いカードが見つかります。

楽天etcカードについて

楽天etcカードの最大の特徴は、楽天etcカードでも楽天スーパーポイントが貯まるといった点です。

高速道路の通行料金100円につき1ポイントがつきます。

このポイントは、楽天市場で1ポイント1円でご利用ができるのです。

この楽天etcカードの申込み方法ですが、楽天カードをお持ちでない方は、新規での楽天カードを申し込む際に、同時にetcカードの入会が出来ます。

また、もうすでに楽天カードをお持ちの方は、楽天eーNAVIからログイン後、お申込みが可能となっています。

楽天etcカードには、さらにお得なサービスがあります。

それは、etcマイレージサービスです。

高速道路の通行料金に応じてポイントが貯まり、さらにそのポイントを高速料金に充てることができるサービスなのです。

ただし、マイレージサービスをご利用するには、事前にお申込みが必要となりますので、ご注意下さい。

また、高速道路利用にあたっては、時間帯によって割引があります。

楽天etcカードの年会費は、525円となります。

既に楽天カードをお持ちの方は、etcカードの年会費はありません。

年会費無料とはいきませんが、普通に利用するだけで、525円以上のお得なサービスが多数受けられますので、年会費を払ってでも持つ意味は、大きくあると思います。

etcカード 年会費無料

etcカード 年会費無料のカード会社はたくさんありますが、その中でも年会費が永遠に無料のカードを紹介します。

まずは、楽天カードです。

楽天カードの年会費はもちろん無料で、etcカードとしての利用はもちろん可能ですし、それ以外での買い物時でもポイントが付きます。

特に楽天市場などでのお買い物でのご利用で、楽天スーパーポイントが付いてきます。

お買い物によく使う方であれば、必要不可欠なカードです。

また、その他に出光カードもあります。

もちろんetc利用はできます。

さらに、ガソリン代が安くなるといった利点があります。

ガソリンは、常に使うものですので、絶対にお得です。

その他にも年会費無料のカードはたくさんありますが、どれにするかは、ご利用する本人にとって一番都合の良いカードを選ぶのが良いです。

それぞれのカードによって様々なサービス、特典等がありますので良く選んでください。

もしetcカードを作ろうとお考えの方は、まずは、etcカード年会費無料のカードを作ってみてはいかがでしょうか。

etcカード申し込み方法について記載します。

まずは、etcカードを作るにあたって、クレジット会社を決める必要があります。

etcカードとは、クレジット機能によるお支払いとなりますので、クレジットカードを作らなければなりません。

簡単にいうと、クレジット+etcカードという訳です。

クレジット会社は、色々あります。

年会費が無料のカードから有料のもの。

ポイントサービスやその他特典がつくものまでありますので、ご自身にとって一番良いと感じたクレジット会社を選んでください。

申込み方法は、インターネットのサイトから申し込むことが可能です。

申込んだ後は、クレジットですので審査があります。

この審査が通った後に、etcカードがご自宅に届きます。

このetcカードが届きましたら、その日から利用ができます。

もしetc車載器がなくても、そのカードだけで料金を支払うこともできますので、ご安心下さい。

特にクレジット系の審査に問題がなければ、どなたでもetcカード申込みができます。

さすがにその日にカードが届くということはありませんが、どなたで簡単に作れますので、まだetcカードをお持ちでない方は、ぜひこの機会に作ってみてください。

etcカードを人気順に比較してみると、今一番人気なのが、出光カードまいどプラスです。

これは、年会費無料であるのと同時に、出光石油SSでの給油が、ガソリン・軽油が常に5円引きのサービスを受けることができます。

次にetcカードを利用できるカードとして人気が高いのが、イオンコスモ・ザ・カード・オーパス&etcカードです。

これは、イオンカードとコスモ石油がジョイントしたカードとなります。

これも年会費は無料となります。

もちろん通常のクレジットカードとして利用することも可能ですので、非常に便利なカードです。

etcカードを人気順に比較すると、人気の高いのはやはり年会費が無料のカードが圧倒的に多いです。

次に人気の決め手となるのが、ガソリンやお買い物でのポイントが付くカードです。

有名なのが、ファミマTカードです。

ファミリーマートでのお買い物でのポイントが付くのと同時に、全国のTポイントのマークの付いたお店でのお買い物であれば、ポイントが付与されます。

このように、etcカードを作るのをお考えの方は、自分にとってどのカードが一番お得かを考えてから作ることをオススメします。

FXプライム